コラム

現在Talkingまたは他教室に通われている生徒さんや、音楽教室に興味をお持ちの皆さんに向けて、自分がこれまでの講師生活において、経験したことや感じたこと、楽器指導に対する考え方など、どうでもよい話から少し固い話までざっくばらんに自分の思考を綴っていきます。

個人レッスンとグループレッスン

音楽教室やギタースクールでのレッスン形態には、個人レッスン(個別レッスン)とグループレッスンという二通りの形態に別れます。ここでの音楽教室やスクールというのは、音大や専門学校のようなプロ演奏者を育成することが目的の学校ではなく、楽器を趣味として学びたい人を対象とした教室(スクール)を指します。この項では、この趣味として楽器を学びたい人向けの教室での個人レッスンとグループレッスンのそれぞれの特徴や長所と短所について触れてみたいと思います。

まず最初にそれぞれのレッスン形態を簡単に説明します。個人レッスンというのは文字通り一人の講師が一人の生徒を個別に指導するというもの。対してグループレッスンは、生徒を3~5人程度の少人数制の1つのグループに分け、一人の講師が指導するというのが多いようですが、一人の講師が同時に10人くらいの生徒を指導するという教室もあるようです。子供と大人でグループを分けていたり、経験年数や演奏力によってグループを分けているなど教室によって様々です。それぞれのレッスン形態によるいくつかの違いを紹介します。

□上達するには□
まず個人レッスンの最大のメリットは、一人ずつ個別に指導するため、生徒さんの上達のペースに合わせてレッスンが進められることです。グループレッスンでは生徒さんの上達のペースや理解力に差が出てしまい、生徒全員に合わせたペースでレッスンが進められないということが必ず起こります。

上達のペースに差があると、講師は遅い人に合わせます。上達の早い人は遅い人を待たなければならないので、いつまでも次の内容にレッスンが進まず、上達の早い人には不都合です。遅い人は当然他の人の足を引っ張ることになるので、それはそれで辛いですよね。

私はグループレッスンでの指導を何度も経験していて言えることですが、数名の生徒さんの間で全く差がなく同じペースで上達するなどということはまずあり得ません。同じ年齢の同じ経験年数の生徒さんでも上達には必ず差が出てしまいます。レッスンを一度欠席した人は他の人達より遅れをとるので、次のレッスンでは追いつくのが大変です。退会してグループから抜けたり、途中からグループに加わるなど、当然グループの中にも入れ替わりが起こります。退会してグループから抜ける分にはまだ問題ないですが、途中からグループに加わる人がいた場合は大変です。他の人達に比べて何ヶ月も送れて練習を始めるわけですから、レッスンに着いて行けないのは当然ですよね。その点個人レッスンなら生徒さんの目標や好みの音楽なども踏まえたカリキュラムで進められますので、挫折することもなく長く習い続けられるでしょう。

□仲間と出会うには□
ではグループレッスンのメリットは何か。グループレッスンの大きなメリットは、共通の趣味を持つ仲間(友人)が出来やすいという事だと思います。毎週同じメンバーで一緒にレッスンを受けていればお友達も増えて交友関係が広がります。レッスン後にみんなでお茶をしたりするのも楽しいでしょうし、グループレッスンで知り合った仲間とバンドを結成したり、演奏活動なんていうのも素敵だと思います。個人レッスンの教室でも演奏会や親睦会を年に数回行うなどして、生徒さん達の交友の場を設けている教室もあります。

□料金の違い□
レッスン料のことも気になるところですよね。個人レッスンはグループレッスンよりやや高く、グループレッスンの1.2倍から1.5倍程度に設定されているところが多いようです。レッスン料は全国的に見てある程度の相場があるようですが、大手教室と個人教室でも違いがあったり、個人教室でも著名な先生の教室では倍くらいの差があることもあります。

□時間の自由度□
細かなところではレッスン時間の自由度にも違いがあります。個人レッスンでは生徒さんの都合である程度自由に時間を選んで受講できるシステムになっていることが多いですが、グループレッスンでは曜日と時間が決められていて、時間の選択肢が少なくあまり時間の自由度がないというのが難点です。

これまで、個人レッスンとグループレッスンの違いをいくつか紹介しましたが、総合的にまとめると、「しっかりとした演奏技術と知識を確実に学びたい、上達することが目的である」という人には個人レッスン、「お友達をたくさん作りたい、楽しい時間を過ごすことが目的である」という人にはグループレッスンが適していると言えるのではないでしょうか。