コラム

現在Talkingまたは他教室に通われている生徒さんや、音楽教室に興味をお持ちの皆さんに向けて、自分がこれまでの講師生活において、経験したことや感じたこと、楽器指導に対する考え方など、どうでもよい話から少し固い話までざっくばらんに自分の思考を綴っていきます。

上達の早い人、遅い人

上達の早い人、上達の遅い人、普通の人、当然いろんな生徒さんがいます。

上達の早い人たちには、必ず共通点があります。
遅い人たちにも、やはり共通点があります。

今回は、上達の早い人と遅い人の違いや、別れるポイントをあげてみます。

しっかりと上達していくための必須条件と思ってもいいかもしれません。
この条件を満たしている人は上達が早い人、満たしていない人は上達が遅い人だということです。

いい演奏家になるには、テクニックを磨くこと、感性を磨くこと、人前でも緊張しないでいられるメンタルを身につけるなどといった、レベルの高い話ではありません。

もっと初歩的で、低次元のお話です。

せっかくギターやウクレレを習い始めても、進歩が無ければ楽しくないですもんね。

(今回は数が多いので2ページに分けて紹介します。Vol.2も是非読んでみてください)

1. 練習のやり方を理解しているか

楽器の上達にとって最も重要なことは何か?と聞かれたら、
私は「練習のやり方を理解すること」と答えます。

他のページでも繰り返し言っていますが、レッスンとは、正しい練習のやり方を学ぶ場です。
練習のやり方が理解できなければ、家に帰ってから日々の練習ができなくなってしまうので困ります。

なので、私のレッスンでは練習のやり方や注意点を細かく解説します。

生徒さんが理解できるまで、何度も丁寧に解説します。それが私の仕事です。

練習のやり方を理解するのは、簡単なようで結構大変です。
一度に沢山の情報を頭に記憶させなければならないからです。

一度に沢山のことを覚えるのが大変な場合は、メモを取ったり、私の解説を録音したり、工夫が必要です。

ここは生徒さんたちの努力です。

理解できない箇所は自分から質問して解決するべきです。

家に帰ったら、習ったことを忘れないうちにノートにまとめることも必要でしょう。

上達の早い人は、こういったことを当たり前のようにやっています。

学生時代を思い出してください。授業中に先生の話を一回聞いただけで、全てのテストで100点が取れましたか?
そんな人はまずいないと思います。

私は限られたレッスン時間中に、正しい練習のやり方をなんとか理解させようと努めますが、あまり深く理解できないまま帰っていく生徒さんも時々います。

この場合、レッスン時間中に理解できなかった部分は帰宅してから、ノートを読み直したり、録音データを聞き直したりして復習して、しっかり理解できるかどうかがポイントです。

理解できていない人は、次回のレッスンまで何も練習しないか、しても間違った練習をしてきます。

上達の遅い人にありがちなのが、練習のやり方や注意点などの説明を受けて、理解できないことがあった場合に、「解らない」という意思表示をしないことです。

理解できていないのに、”理解したフリ” をしてしまうのです。

理解したフリをしても、私は表情を見ればすぐに ”フリ” だと分かります。

「解らない」と言い出しにくい気持ちも多少は解りますが、それでは自分が損をします。

理解できないときは何度でも「解らない」と主張するべきです。そのための個別レッスンなんですから。

仮にどうしても理解できない箇所があったとしても、理解できないことさえ伝えてくれれば、その部分を省いて、その人に理解できる範囲で課題を出すようにしているので、それほど気にする必要はありません。

それに対し上達の早い人は、理解できないことがあった時、必ず「解らない」ことを主張します。

自分が理解できないことを知ってほしいという気持ちが強いのでしょうね。私はこういう人は学習力とコミュニケーション能力の高い人だと思います。

2. 自分の演奏の問題点に気づいているか

上達の遅い人に必ず共通していることは、自分の演奏の何がいけないのか、どこに問題があるかということに気づいていないことです。

音が間違っているのか、コードの押さえ方が悪いのか、リズムが取れていないのか、テンポがずれているのか、自分の演奏の何がおかしかったのかが解らないのです。

何がいけないのかが解らないので、何に注意して練習したらいいのか解らないのです。

上達の遅い人の典型的な特徴です。

これはギター(ウクレレ)に限った話ではないでしょう。
仕事でも勉強でもスポーツでも、自分の問題点に気づいていない人に進歩はありません。

自分の間違いに気づかなければ、改善のしようがありませんから。

例えば、曲を練習していてミスをした時、
「5小節目のFコードが上手く弾けないせいでリズム崩れて、おかげで6小節目のコードも上手く弾けなかった。自分はもっとFコードの練習が必要だ」と、自分の問題点が明確に言える生徒さんは、上達の早い人です。

上手く弾けないのと、間違いに気づかないのとでは、意味が全然違います。

私は常に、模範演奏(楽譜や音源)と生徒自身の演奏の何が違うか、どこに違いがあるかを考えさせるように指導しています。

すぐに違いに気づけない時でも、時間をかけて自分で気づけるまでなるべく待ちます。

どうしても自分で気づけない場合は、こちらから間違いの箇所を教えますが、あまりに自分を客観視するのが苦手な人には、生徒さん自身の演奏を動画に撮影して、自分で見て確認してもらったりすることもあります。

自分の演奏を動画に撮影して確認するくらいのことは、スマートフォンを使って自宅でも簡単にできることですよね。

「下手糞の上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」by安西先生(知ってるかなぁ)

3. お手本をよく見ているか

これは観察力があるかどうかということです。

上達の早い人たちは、技術を見て盗む力に長けています。

楽器の持ち方、左右の手の動き、指の形、身体の動きなど、細かい所までよく観察している傾向があります。

逆に、上達の遅い人たちに共通していることは、観察するのが極めて苦手なこと。
というより、観察しようとする意識が足りないように感じます。

見て盗むのが苦手なのではなくて、見ようとしていないのですね。

あなたは、ギター(ウクレレ)の上手い人が演奏をしている様子を頭にイメージすることができますか?

例えば、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドという音階を弾くとします。
その時に、ギター(ウクレレ)の上手い人がその音階を弾いている様子を思い浮かべることができるでしょうか。

自分が何かを弾きたい時、構え方や、左右の手の動きや、指の形など、上手な人がそれを弾いている様子を頭にイメージできなければ、おそらく上手く弾けないと思います。

頭にイメージできない人は、お手本をよく見ていないからだと思います。

私には目標にしているギタリストが何人かいるのですが、その人たちのプレイはYouTubeで毎日のように観ているので、いつも脳裏に焼きついています。

自分が練習する時は、いつもそのギタリストたちのプレイをイメージして弾いています。
(一流の演奏家のプレイがただで好きなだけ観れるなんて、なんとありがたいことでしょう)

4. 欠席しないこと

レッスンを欠席しない生徒さんは、何年通っていてもほとんどしません。

よく欠席する生徒さんは、度々します。

欠席する人って、いつも決まっているのです。これは何処の教室でも同じでしょう。

レッスンを一度欠席すると、癖になってしまうのです。

生徒さんたちが、何かの事情で予約していたレッスンに出席できないようなことがあった場合、教室に欠席の連絡を入れることになりますが、 おそらくその時、「準備をして待っている先生に申し訳ない」「レッスン料がもったいない」「やる気のない生徒だと思われないか」など、いろんな心理が働き、心の中で葛藤があるではないでしょうか。

しかし、一度欠席するとそのハードルが下がってしまい、二度目からは徐々にその心理が薄れていくのではないでしょうか。

実は楽器のレッスンというのは、一度欠席すると練習に対するモチベーションがかなり落ちてしまうという特性があります。

レッスンを欠席することは想像以上にリスクがあるのです。

例えば上達の早い生徒さんには、何かの事情でレッスンに遅刻してしまい、残り10分程度しか受講できないというような時でも、欠席せず受講しに来る人がいます。

たった10分でも受講するのと、欠席するのとでは、その後のモチベーションはきっと変わってくるはずです。

度々欠席を繰り返している生徒さんで、上達の早い人など、私は見たことがありません。

5. 解らないことが、解っているか

これは、自分に解らないことがあるということを自覚しているか、ということです。

習った事の中で、自分に何か理解できないことがある場合、理解できていないという自覚がなくてはなりません。
また、覚えなければならない知識を覚えていない場合は、それも自覚していなくてはなりません。

「前回のレッスンでこんな事を習いましたが、家で勉強していて、ここまでは理解できたのですが、ここの部分が理解できていません。なので、ここをもう一度教えてください」と言ってくる生徒さんは、上達の早い人です。

自分が何を習って、どこを理解して、どこを理解していないかが、解っているからです。

頭の中が整理できている証拠です。

習って直ぐに理解できなくても、家に帰って復習しているうちに解らないことが明確になればそれでいいのです。

「前回のレッスンで解説した内容に、何か解らないことはなかったですか?」と、こちらが尋ねても、「ここが解らないです」と、はっきり言えない生徒さんは上達の遅い人です。

自分が、何が解らないのかが解らないからです。

頭の中が整理できていない状態ですね。

解らないことがあると自覚しているが、何が解らないのかが上手く言えないということは、多くの人によくあることです。(私もギターを習っていた頃はよくありました)

この場合は、解らないことが何なのかが明確になるよう、私が誘導していきます。

上達のための一歩は、自分が「どこが解っていないのか」を明確にすることです。

日々練習に打ち込んでいれば、必ず何かしらの疑問が出てくるはずです。

練習(勉強)すればするほど、疑問は出てくるものです。

そして、その疑問を解決するのもやはり練習(勉強)なのです。

よく練習している人ほど、多くの疑問を持って、常に答えを探しています。

最もやっかいなのは、解っていないという自覚がない人です。

このタイプの人は全く練習していない(勉強していない)か、ほとんどしていない人です。

解っていないことに気づかせなければならないので、指導するのも一苦労です。

例えば、ある目的地を決めてドライブ出かけたとします。
目的地に向かう道中、道に迷ってしまいました。
しかし地図で道を調べたことで、無事に目的地にたどり着くことが出来ました。

これは、ドライブに出かけたことで、道を知らない自分に気づき、地図を使って解決できることを学んだわけです。
もしドライブに出かけていなければ、地図の使い方だけでなく、道を知らない自分に気づくことさえなかったはずです。

つまり何の疑問も持たない人は、何の努力もしていない証拠なのです。