科目

アコースティックギター科

以前はフォークギターと呼ばれていました。電気的な音の増幅や音色の加工は行わず、自然な美しい音色が特長のギターです。弾き語りなどの歌の伴奏に適したギターです。一般的にギターと言えばこのアコースティックギターをイメージする人が多いようです。

ストローク奏法やアルペジオ奏法など、曲の伴奏(弾き語り)に必要な演奏法から、リード奏法やソロスタイルまで、色々な楽曲を通じて幅広い演奏力を身につけることができます。

入会時に必要なもの

アコースティックギター・チューニングメーター・ピック

Talkingのレッスンでよく取り上げている曲目

アコースティックギター

エレキギター

エレキギター科

アンプで音を増幅させて演奏するギターです。エフェクターを使用して音色を簡単に変化させることができ、どんなジャンルの音楽にも対応できます。バンド演奏に適したギターです。

コードバッキングやリード奏法(ソロ)はもちろん、楽曲のコピーと同時にエレキギター特有の奏法やアドリブ演奏など、バンド演奏に必要な演奏力を身につけることができます。

入会時に必要なもの

エレキギター・アンプ・ケーブル・チューニングメーター・ピック

Talkingのレッスンでよく取り上げている曲目

ウクレレ科

ハワイの楽器として知られていますが、実はポルトガル生まれ。弦が4本でギターよりも小さく、ポロ~ンというカワイイ音色が特長で、シンプルに見えてとても奥の深い楽器です。まだ100年程度の歴史の浅い楽器ですが、近年とても人気を集めています。

伴奏(弾き語り)スタイルやソロスタイルなど、ハワイアンソングやポピュラーソング、ジャズ、映画音楽など、楽曲を通じて様々なリズムや演奏スタイルを学ぶことができます。

入会時に必要なもの

ウクレレ・チューニングメーター

Talkingのレッスンでよく取り上げている曲目

ウクレレ

教材について

当教室のレッスンで使用する教材や楽譜は、基本的にはこちらで用意させて頂いています。主にレッスン用として当教室が独自に作成した教材と、市販されている曲の楽譜(スコア)を用いて進めて行きますので、テキストや教本を購入して頂く必要はありません。市販されている教則本などは、本来1年以上かけて練習に取り組んでようやく身に付くような技術が、わずか数ページで取り上げられているだけという場合が多く、購入して頂いた教則本をもとに進めて行くだけのレッスンでは、しっかりとした演奏力が身に付かないというのが実情です。当教室のレッスンで取り上げている曲は、コード進行やリズム、全体的な楽曲のアレンジなどの要素を踏まえて、生徒さんのレベルに課題として相応しい内容の曲を選んで取り上げています。また、生徒さんに習いたい曲の希望がある場合は、曲の難易度が生徒さんの技量に合うかどうかをこちらで判断し、問題がなければその曲の指導に入っていきます。なお、その際の楽譜は生徒さんに用意して頂くことになります。

音楽といっしょに生きて行こう