コラム

現在Talkingまたは他教室に通われている生徒さんや、音楽教室に興味をお持ちの皆さんに向けて、自分がこれまでの講師生活において、経験したことや感じたこと、楽器指導に対する考え方など、どうでもよい話から少し固い話までざっくばらんに自分の思考を綴っていきます。

ギター教室とピアノ教室

「ギター教室」と聞くと、大抵の人は「ギターを教えてくれるところ」だと、すぐに認識されると思います。…というか、思っていました。ところが、それが意外にそうでもないんです。ギター教室と聞いて「そんなのあるんですか?」という反応をする人が結構おられます。ピアノ教室なら、昔からたくさんあって馴染みがあるようですが、ギター教室というと、興味のない人にとっては今ひとつピンとこないことがあるようです。

確かに興味のない人にとっては、ギター教室の存在なんて意識することもないかもしれませんね。ピアノ教室があれば、もちろんギター教室だってありますし、ドラム教室や三味線教室だってあります。楽器以外にも、ダンス教室や絵画教室、編み物教室とか。話し方教室なんていうのもあるそうです。

今の時代は本当にいろんなジャンルのいろいろな教室(お稽古ごと)がありますよね。今から30年程前は、ピアノ教室が全盛の時代だったそうで、30年前といえば、私がまだ生まれてすぐの頃ですが、確かに近所にピアノ教室がたくさんありました。前を通るとピアノの音が聞こえてきて、玄関先にピアノ教室の札がぶら下がっているとか。小学生の頃も、クラスの女の子は半分近くがピアノを習っていたり、友達の家に遊びに行ってもピアノが置いてあって、本人かもしくは兄弟が習っているなんてことがよくありました。

今でもピアノ教室はたくさんあります。昔に比べると少なくなっているそうですが、それでも街を歩いているとよく見かけます。ところがギター教室は本当に少なくて、街を歩いていて見かけることなんてまずありません。クラシックギターの教室は昔からあったそうですが、アコースティックやエレキギターのようなポピュラー音楽が習えるギター教室ができ始めたのはまだ最近のことのようです。

私がギターを始めた頃も、近所にギター教室なんてほとんどありませんでしたから、遠くてもわざわざ花と蝶の写真電車に乗って都会の方まで行かなければ習えないという状況でした。ギター教室も最近少しずつ増えて来たようですが、それでも電話帳などで調べてみるとピアノ教室に比べて10分の1にも満たないのではないでしょうか。

ギターという楽器は一般的に認知度の高い楽器ですが、ポピュラー音楽を指導するギター教室は世間ではまだ認知度も低いということですね。なぜピアノ教室は昔からたくさんあって、ギター教室は少ないのでしょうか。やはりギター人口がピアノ人口に比べて少ないからでしょうか。ピアノと同じように、ギターを習うという文化が早く一般的に根付いて欲しいものです。ピアノに比べて安価でお手軽なギターが、習い事の一つとしてこれからもっと沢山の方に認知して頂けるよう頑張ります。