ギター豆講座

思いきってギターを始めてみたけど、「いまひとつ上手く行かない」「いつも同じところでツマってしまう」という方も多いと思います。そんな方のために、このページではギターを上手く弾くコツやちょっとしたミニアドバイスを掲載しています。

Lesson1 / D・Dmコードフォーム

ギターを始めて間もない方の中には、DコードやDmコードの音がきれいに出ないという人が非常に多いです。教本に書かれているとおりに弦を押さえても、音(特に1弦)がキレイに出ないという人は多いのでないでしょうか。ここではDコード、Dmコードの基本的な押さえ方について解説します。

Dコードダイアグラム

Dmコードダイアグラム

上の図はDコード・Dmコードのフォームをダイアグラム(図)で表したものです。
人差し指、中指、薬指(Dmは小指)は必ず第一関節を曲げて押さえます。Dコード・Dmコードは6弦の音は鳴らさないため、親指を6弦に軽く触れさせるようにしますが、問題はこの親指の位置です。

図でも解るように、必ず2フレットの上あたりに置いておく必要があります。2フレットの上に置くことで、人差し指、中指、薬指(小指)の3本の指に均等に力が加わり、しっかりと弦を押さえることが出来ます。

3本の指は正しく弦を押さえているのに音が出ないという人は、親指の位置に問題がある場合がほとんどです。1フレットの上あたりに親指を置いている人をよく見かけますが、心当たりのある人は是非参考にしてみて下さい。

Lesson2/ Fコードフォームとコードチェンジ

Fコードはギターの最初の難関だとよく言われますが、実際はそんなことありません。正しい方法を理解すれば簡単です。
ここではFコードの音をキレイに出すポイントと、CコードからFコードにすばやくチェンジするポイントを解説します。

Fコードのダイアグラム

Fコードの親指の位置

Fコードは上のダイアグラム(図)で分かるように、バレーという人差し指を寝かせて6本の弦を全て押さえる方法を用います。 やはりその際にポイントになるのが親指の位置です。上の右側の図のように、ギターのネックは裏側が山のような形(かまぼこ型)になっています。

その山の頂点の位置(赤い印)に親指を置きます。1フレットと2フレットの中間の位置、ちょうど中指の位置の裏側辺りに親指があれば理想です。その時、親指の関節は曲げないで伸ばしたまま、表側の4本の指と裏側の親指でネックを挟むように力を入れます。

親指の位置は理想の位置から数ミリずれているだけでもキレイに音が出ません。理想の位置を見つけて、その感覚を覚えます。

Fコードを写真で見る

Fコードが押さえられるようになったら次はコードチェンジです。
何かのコードから F にすばやくチェンジし、そして F からまた別のコードへチェンジ出来なければ、曲は弾けません。
というわけで、次はCコードからFコードへすばやくチェンジする方法を解説します。

Cコードのダイアグラム

Fコードのダイアグラム

上の図はCコード・Fコードのダイアグラムですが、この二つのフォームを見て、あることに気づきませんか?
見ているだけで気づかない人は実際にギターを持って押さえてみて下さい。薬指が同じ3弦の3フレットを押さえています。

ギターのコードチェンジのコツは、「なるべく無駄な動きをしない」ことです。つまり同じ指が同じ弦を押さえる場合は、コードチェンジする時に離さないようにします。

CコードからFコードにチェンジするには、まず薬指だけは弦から離さず、親指をネックの裏側に移します。それと同時に他の指(人差し指、中指、小指)を一気に離して、F のフォームを押さえます。(文字にすると解りづらいですが、レッスンを受けて頂ければ簡単に理解できます)

CからF、FからCと、すばやく何度移っても薬指が一度も弦から離れなければ完璧です。C から F や、F から C というコード進行はいろいろな楽曲の中で頻繁に使われていますので是非マスターして下さい。

Lesson3/ C ・ G7コードの指の置き方

CコードやG7コードをどの指から押さえていますか?

どちらのコードも3本の指が必要ですが、3本の指を同時にすばやく押さえる人はいいのですが、1本ずつでないと押さえられないという人も多いと思います。
でも心配はいりません、1本ずつ順に指を置くことしか出来ない人でもギターは弾けます。ただし押さえる指の順番を守って下さい。

ここではCコードやG7コードを押さえる時の、指の順序について解説します。

Cコードのダイアグラム

G7コードのダイアグラム

上の図はCコード・G7コードのダイアグラム(図)です。
コードを押さえる時、どちらのコードも人差し指から押さえる人をよく見かけますが、正解は薬指からです。

Cコード・G7コードを押さえる時は、必ず薬指(最も低い音)を最初に押さえて下さい。
コードには、ルートと呼ばれるコードの音を構成するうえで基準になる音があるのですが、このルートがどちらのコードフォームも最も低い音になっています、そのためベース音とも呼ばれています。

つまり、Cコードはルートが5弦、G7コードはルートが6弦ということです。
このルートを最初に押さえるということが非常に重要で、これを守っておかないと、アルペジオ奏法などが上手く出来なくなります。
アルペジオ奏法では拍子の1拍目をルートのある弦(ベース音)から弾き始めるというのが基本です。

つまり「コードを押さえる時は一番最初に弾く弦を一番最初に押さえる」ということですね。このルートを最初に押さえるということが出来ていないと、アルペジオ奏法は決して上手くなりません。

アルペジオだけでなくストローク奏法の時でも、Cコード・G7コードは薬指から押さえるようにして下さい。他にもたくさんのコードがありますが、ルートが何弦にあるのかを理解しておくことは、ギターを上達させるうえでとても大切なのです。

お終いに

Lesson1 . 2 . 3 で解説した内容は、どれもギターを上達するためにとても重要であり、基本的なことです。

これらのことは練習する時に、絶対に守られていなければならないことですが、残念なことに市販されている教本にはほとんど書かれていません。
教本を書かれた著者はプロの演奏家であることが多いのですが、実際に多くの人に直接指導しておられるのかどうかは疑問です。

ギターが上手く弾けない人は、「なぜ上手く弾けないのか」「弾き方のどこに問題があるのか」ということを解決しないと上達出来ません。

私は今までに数百人の生徒さんに指導してきましたが、大勢の人に指導しているといろいろなことに気づかされます。
指の位置や、押さえる指の順序の間違いなど、このページで解説した内容はギターが上達出来ない人の多くに共通していることです。

他にも上達出来ない原因や、誰もが陥りがちな間違いはたくさんあります。それらの自分では気づかない問題点に気づき、正しい練習方法を理解できるようになることが、この教室でレッスンを受けていただく最大のメリットだと思います。

実際にレッスンに通って指導を受けなければ身に付かない知識や技術は多くあります。

ギターやウクレレは2・3ヶ月で弾けるようになるものではありませんが、1年程度通われた頃には、見違える程上達する生徒さんもおられます。
上達のペースには個人差はありますが、Talkingのレッスンでは、どんな方でも必ず上達していただける自信があります。